睡眠時間はどれくらい?

皆さんは平均で何時間くらい眠っていますか?

web25Rに「睡眠時間の“理想”と“現実”」という記事があり、ふと考えてしまいました。

私は毎日Sleep Cycleというアプリで睡眠の質と睡眠時間を管理しています。

管理する前から分かっていましたが、1日の平均睡眠時間は4時間半くらいでした。

ここ数年ずっとこんな感じです。

記事によると、多くの方々が6時間未満という結果になっていました。

仕事のある日はどうしてもそれくらいになってしまいますよね?

でも、この睡眠時間で耐えられるのは、ショートスリーパーと呼ばれる人だけ。

私は最低でも6時間以上は必要だと思っています。

理想なのは8時間以上ですけど(笑)。

どうして6時間以上必要かと言いますと、レム睡眠とノンレム睡眠の交代が1時間半のサイクルであるからです。

このサイクルが4回あるのが理想とされているので、最低でも6時間は必要となるわけです。

たぶん、寝ようと思えば仕事が忙しくても眠れるのだと思います。

でも、仕事が終わった後の自分時間にあれこれ詰め込んでしまうのが私達です。

特に、最近はやりたいと思えることが沢山あります。

テレビは地デジ化によって幅広い選択肢が増えましたし、パソコンはネットサーフィンをしてしまうとあっという間に時間が過ぎて行きます。

ゲームに没頭する人もいますよね?

読書も一度読み始めたなら、最低でも1時間は時間を取りたいところです。

皆さんの理想の就寝時間は「午後10時過ぎから午前0時まで」が最も多かったそうです。

私もこれくらいの時間に眠りたいと常々思っております。

でも、多くの皆さんが眠りに就くという「午前0時過ぎから午前2時まで」に就寝します。

そして、起きるのは6時前後なんですよね…。

眠った気がしません。

特に、酷暑の夏は全然眠れていないと思います。

旦那には、「眠る少し前に冷房を入れておけば」と言われているのです。

そうしたいのですが、1人しかいないと思うとなんだか電気代をケチりたくなります。

旦那が眠っている時は、気温も上がっている時間帯だし、睡眠の質を上げる為にも大いに使ってと思うのですが…。

どうも自分の場合だともったいない精神が働くんですよね。

私も旦那と同じように、夜から仕事をしようかしら?

夏限定で(笑)。

神戸のお見合いパーティー

賑やかでもあり、静かでもある街

最近、うちの近くでは大きなショッピングモールができたり、素敵なマンションがたくさん建てられたりして、すっかり街並みは美しくなりました。休日にもなれば都内のような賑わいを見せるようになりました。

しかしそれでも、街のメインからちょいと外れれば、田んぼはあり、用水路も流れ、木々が生茂っています。

「何だかんだで、やっぱり田舎だよなぁ」

そんな風景を見ると私はそう感じてしまいます。

今の季節、夏の夕方なんかになると上半身裸のおじさんなんかが普通に歩いています。自転車の前カゴにラジオを入れて、ふらふら散歩をしているおじさんもいます。これらをみると、さらに田舎っぷりを感じてしまいます(笑)

でも街中の賑わいと外れの田舎加減というメリハリある街は決して嫌いというわけではありません。むしろ素敵でホッとします。新しいものがたくさんできていっても、思いであるその土地の情景はしっかりと残っているわけですから。

私の休日は、昼間にかみさんや子どもとモールで買い物をすることもあれば、たまに街外れの静かな場所を訪れて子どもと公園で遊んだり、かみさんと散歩したりして過ごしています。家からそう遠くまで行かずとも、両方の楽しみを得られるのは、凄く贅沢な暮らしだと私は思っています。

こういう土地は、子どもを育てるには最適な場所だと思います。何不自由ない便利な暮らしを楽しむことができながら、自然ともしっかり触れあわせることができますから。外れの公園なんかで、子どもたちがかくれんぼや鬼ごっこなどで自由奔放に遊んでいるのを目にすると嬉しいものです。今の時代でも古風ある遊びをしっかりやっているんだって。

大人にしてみてもそうです。自分達が子どものころ目にしていたものに近い場所が残っていると安心するというものです。かみさんと散歩していると、つい昔話をよくしてしまいます。自分達が小学生の頃、あんなことやってたよねといった話です。

ただ、今後はどうなんでしょうかね。少々不安です。もしかしたらこのまま地区開発が進み、今残っている田舎の情景もどんどん失われていくかもしれませんから。そうなってしまうと今のようなメリハリある街の素敵さは失われてしまいます。それだけは、何とか避けてもらいたいものです。

今の姿のまま。どうか時代が進んでいってもらいたいものです。